環境評価を下げないよう業者選びは慎重に

産業廃棄物の回収処分を依頼する時は営業許可に注目!

産業廃棄物回収には、産業廃棄物処分業と産業廃棄物収集運搬業の営業許可が必要になります。産業廃棄物回収を依頼する際、処分業の許可を受けていたとしても、産業廃棄物収集運搬業が無ければ、事業場所からの回収と運搬ができません。そのため、廃棄物回収を依頼する際には、双方に営業許可を受けた専門業者へ依頼する必要があり、許可を受けていない場合には排出事業者も罰則を受けることになります。
しかし、産業廃棄物回収により産廃処理を行うだけでは、処分コストは割高になります。そこで重要となるのが、古物商や金属くず商許可の有無になります。産業廃棄物といってもゴミだけではなく、分別することで資源となり有価物となるものも含まれます。しかし、有価物を引き取る際には古物商や金属くず商許可といった別の許可も必要となっています。結果、これらの許可を受けていない場合、有価物の引き取りが行われず、全てが産業廃棄物となり、事業所からの排出量が多くなり、環境評価が低くなってしまいます。
先ずは、産業廃棄物回収を依頼する際には、少しでも産廃処理される量が減るかどうかを検討するため、有価物として回収を依頼できる専門業者を選択しましょう。中には、スクラップにせずそのまま中古買取可能といったもの、部品として再使用可能なものにより処分費用を抑えることも可能です。

専門業者へ依頼すれば産業廃棄物を安く処分してもらえる

工場を中心に排出される産業廃棄物は、正しい処理をしなければいけません。そうしなければ、いろいろと問題があるからです。ただ、産業廃棄物の処理をするのに、費用はあまりかけたくないのではないのではないでしょうか?できれば最小限の費用で処分するのが理想だと考える事業主がほとんどのはずです。そんな産業廃棄物の処理をできるだけ費用をかけずに行うなら、専門業者へ依頼することを推奨したいです。
専門業者へ依頼すれば、産業廃棄物回収を安く行ってくれます。産業廃棄物回収を安く行ってくれるのであれば、金銭的に大きな負担にはなりにくいです。産業廃棄物に関わるコストがかさんでしまうのは由々しき事態ですので、安く回収してくれる専門業者で処分してもらったほうが良いのは間違いありません。専門業へ依頼すれば、産業廃棄物の問題が文字通り片付きます。
産業廃棄物をどうやって処理するのかが方針として決まっていれば、処理のことでトラブルが起こりにくくなります。そのほうが工場の環境を守ることにもつながりますし、従業員の働きやすさにも関係してくるはずです。産業廃棄物のことにはいずれにしよしっかり向き合わなければいけないのですから安く処分できるに越したことはなく、専門業者へ依頼することですっきり解決できます。

カテゴリ

ニュース

2018年09月05日
環境評価を下げないよう業者選びは慎重にを更新。
2018年09月05日
保管場所にコストを割くなら回収してもらった方が楽を更新。
2018年09月05日
毎回頼むのが面倒なら業者と定期契約を結ぶを更新。
2018年09月05日
産業廃棄物回収は予め業者に現場の確認をしてもらうことを更新。

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031